310

310

1997年に登場したThinkPad。同時期に発売された380と一緒に、365Xの後継機として位置付けられた。

310ThinkPadシリーズの中で異彩を放つ存在として知られており、以下の特徴を持つ。

特に、Socket7互換の点では、CPUK6-2に交換することも可能で、

冷却や電力面の改良を講じれば400MHzでの動作も可能である。

310235のように、他社から兄弟機が販売されている。

310にはCD-ROMドライブ搭載の310D、第二世代の310E/ED

ホームユーザー向けの315/D/E/EDのラインナップが存在する。