TransNote

TransNote

IBMが2001年に発売したThinkPadの一つ。

他のThinkPadとは違い、左右のどちらか半分にThinkScribeと呼ばれるA4のメモ帳が付属。専用のペン(スタイラス・内部はボールペンとして昨日)でメモ帳に文や絵を描くとThinkPad本体にベクトルデータが取り込まれる。

なお、ThinkScribeの機能はCrossPadとほぼ同じである。

専用のペンでメモ帳に文や絵を描くとThinkPad本体にデータが取り込まれるなどThinkScribeの機能はCrossPadとほぼ同じである。

又、本体の液晶ディスプレイタッチスクリーンになっており、専用デジタル・ペン、及び手指の爪先で操作可能である。

スペックは下記の通り。

低電圧版モバイルPentium3 600MHz

64MB SDRAM

10GB HDD

10.4inch SVGA TFT

Rage Mobility-M (4MB)

又、システムボードにCMOSバックアップバッテリの液漏れの影響で本体が起動できなくなる障害もしばし確認されているが、所有機は現役である。

予備のメモ帳は\900だが、2007年10月現在入手が可能であるか不明。

http://www-06.ibm.com/jp/domino04/pc/support/Sylphd03.nsf/jtechinfo/SYJ0-00A24F8